【事後重症】脳出血後遺症による右半身麻痺で障害厚生年金3級を受給した事例

傷病名:左被殻出血
性別年齢:男性50代
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級(事後重症)
支給額:100万円(年額)

相談時の相談者様の状況

脳出血後遺症で右半身が麻痺しており、常に杖をついて歩かなければならない状況でした。その大変な状況の中でも、毎日お仕事をされており、日常生活もさまざまな補助具を使いながら工夫しておりますが、毎日非常に疲れると仰っていました。
また、すでに身体障害者手帳を取得しており、1級と認定されていました。

相談から請求までのサポート

初診日は緊急搬送され、状態が落ち着いた後に自宅近所の医院に転院していたため、初診の病院に受診状況等証明書を取得しました。なお、日中はお仕事をされていたことやお身体が不自由ということもあり、この書類の取り付けは当方で対応しました。
その後、診断書の取り付けを行うための準備にあたり、お仕事のことを詳細に診断書に記入してもらうため、勤務先に勤務実態をまとめた書類を作成していただきました。勤務先の方も快く対応していただき、情報提供内容にとても説得力があるものが準備できました。
しかし、実際に診断書を取得しようとしましたが、初診から1年半経過後(障害認定日)の病院がすでに廃業していたため、現在の状態の診断書のみを取り付け、事後重症請求で申請することになりました。

結果

無事に障害厚生年金3級を受給できました。診断書の作成にあたり、病院の先生のご理解があり、内容も現状をしっかりと反映した診断書となり、妥当な結果だと考えております。
しかし、障害認定日時点の病院が廃業していたこともあり、遡及ができず大変残念に思います。障害年金が皆様の元に公平に行き届くように我々社労士としても尽力していきたいです。

ご相談のご予約
03-6424-5760

受付時間:平日9:00~18:00