【20歳前】うつ病と片頭痛により障害基礎年金2級を受給した事例

傷病名:うつ病、片頭痛
性別年齢:男性30代
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級(事後重症)
支給額:81万円(年額)

相談時の相談者様の状況

学生時代にいじめに遭い、それがきっかけでうつ病を発症し、学校を卒業後は就職して仕事をしていましたが、人間関係に悩み、うつ病が悪化して何度か仕事を転々としました。さらに季節の変わり目などで体調が悪くなる、特に頭痛がすることに気がつき、病院を受診したところ片頭痛であるとの診断を受けました。日に日に頭痛が悪くなり、1日の大半を家で過ごすことを余儀なくされ、体調が優れない中、ご来所いただいてご面談となりました。

相談から請求までのサポート

体調が優れない中での申請準備となり、当初は相談者様も準備を一緒に手伝ってくださっていましたが、体調不良で最終的には当方で全て対応しました。
このようにご自身で難しいとお考えの際は社労士にお任せいただいて大丈夫です。
病歴・就労状況等証明書の作成にあたっては、幼少期からの状況を細かく丁寧にヒアリングをしていき、お話しくださる中で自分自身のことや状況を把握されたご様子でした。その後の診断書作成時にもこのことをしっかりと担当医の先生に伝えることができ、先生のご理解もあり、相談者様が思う自分自身の状況に沿った診断書となりました。
初診日が20歳前で、その当時の初診日証明は取得できましたが、20歳当時は病院に通院しておらず診断書が取得できなかったため、現時点のみでの請求となりました。

結果

無事に障害基礎年金2級を受給することができました。
相談者様の病状では障害年金はもらえないのではないかと諦めかけていたとのことで、結果を受け大変お喜びになっておられました。
また、生活面、金銭面で家族を頼らざるを得ない状況から障害年金の受給により、ご自身で必要な費用を捻出できることに安心されている印象でした。

ご相談のご予約
03-6424-5760

受付時間:平日9:00~18:00