初診日が20歳前で、統合失調症により障害基礎年金2級を受給した事例

障害基礎年金2級
傷病名:統合失調症
性別年齢:男性20代
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級(事後重症)
支給額:77万円(年額)

相談時の相談者様の状況

ご本人様は、自宅に引きこもりがちで病院への通院以外の外出はほとんどできないため、ご家族様からのご相談となりました。
また、すでに精神障害者福祉手帳を取得しており、2級と認定されていました。

相談から請求までのサポート

ご家族様が請求準備に非常に前向きで、各書類を一緒に確認しながら、作成していきました。

初診日が20歳前で、その当時の初診日証明は取得できましたが、20歳当時の状況を示す診断書が取得できなかったため、現時点のみでの請求となりました。

結果

無事に障害基礎年金2級を受給できました。

特に病歴・就労状況等申立書の作成を進めていくうちに、ご本人様がどういった心理状況なのかをご家族様で把握することができ、ご家族様のご本人様への接し方に変化が出たという年金請求以外の面での変化があったとお喜びいただけました。

関連記事