障害者手帳を取得するメリット・デメリット

 障害者手帳を取得すると各種の福祉制度を利用することができます。
例えば、下記のようなものがあります。

障害者手帳を取得するメリット

料金の割引や助成を受けることができる

 各自治体や事業所により異なりますが、医療費の助成、公共料金(携帯電話料金、NHK受診料、上下水道料金等)の割引が適用されることがあります。

税金が優遇される

 所得税や、相続税、贈与税等が優遇されます。
また、自動車税等の「地方税」も優遇されることがありますが、こちらは各都道府県や市区町村で定められているため、お問い合わせの上、ご確認ください。

「障害者雇用枠」への応募が可能になる

 就職する際に、「障害者雇用枠」というものに応募できるようになります。
体調や症状への配慮を受けながら働くことができるほか、就職にあたって利用できる支援制度も用意されています。

障害者手帳を取得するデメリット

 デメリットとしてはやはり、ご自身が「障害者」であると認定されてしまうことへの抵抗感や提示した際の周りからの視線などによる精神的ストレスなどが挙げられます。
メリット等と比較し、検討したうえで申請、認定されることをオススメいたします。

関連するページ