障害年金請求時の注意点

 障害年金は本来、ご本人やご家族が申請するものです。
しかしながら、下記のような理由により障害年金の申請を諦めたり、失敗したりしてしまうケースがあるようです。

ケース① 初診日証明が取れず、申請を諦めてしまった…

病院に診察の記録が残っていなかった…
カルテが破棄されてしまっていた…
医師が転院して診断書を書いてもらえなかった…
病院に記録がないから診断書を書けないと断られてしまった…

ケース② 何度も病院や年金事務所に足を運ばなければならなかった…

診断書に記載漏れがあり、医師に追記依頼をしなければいけない…
診断書と病歴状況等申立書の日付がずれており書類を受け付けてもらえなかった…

病気で辛い中、何時間も年金事務所にいることになった…

ケース③ 一度不支給となってしまい、その後申請しても却下されてしまい、申請を諦めた…

何がだめで不支給になったのかわからない…
もう一度、診断書をお願いしに病院に行くのは心苦しい…
また病歴状況等申立書を書くのはいやだ‥‥

 障害のために生活や経済的に苦しんでいるのに理解してもらえないとお感じの方が非常に多くいらっしゃり、大変な思い、面倒な思いをされている方が現実に多いのです。
しかし、こうしたお悩みは障害年金を専門としており、実績が豊富な社労士に依頼すれば解決することが多いです。一人で悩まず、まずはご相談ください。

関連するページ