社会保険労務士とは

社会保険労務士ってどんな人?

 社会保険労務士(社労士)は、労働保険・社会保険等の社会保険制度に関するスペシャリストです。本人や会社に代わって事務手続きを行ったり、相談、あるいは指導を行ったりする国家資格です。

 特に、厚生年金・国民年金など公的年金制度に関する相談や手続代理は、社会保険労務士だけに許された専門業務とされています。

 公的年金制度は、憲法25条・生存権(健康で文化的な最低限度の生活を営む権利)を具体化するための制度です。たとえば高齢になって働けなくなった、あるいは一家の大黒柱が亡くなってしまった、あるいは障害を負ってしまい働けなくなってしまった等により、経済的に困窮する方々を守るとても大事な社会保障制度です。それにも関らず、その制度内容はとても複雑で、しかも法律改正が頻繁に行われる等、一般の方々には大変理解しにくいものとなってしまっております。
私ども社会保険労務士は、公的年金業務を行う唯一の国家資格者として、数多くの皆様から年金に関する様々な相談を承り、また事務代理を行っております。

 制度の複雑さゆえに、せっかく年金を受給できる権利をお持ちでいながら、制度を知らなかったり、また請求を諦めてしまっていたりする方は、ぜひお気軽にご相談ください。
必ずやご参考いただけるものと確信しております。